バフェット・コードのブログ

企業分析に役立つ記事を配信中

投資銘柄はどうやって探せば良いのか【初級編】

f:id:Buffett_code:20180828104444p:plain

投資銘柄の効率的な探し方についてよく質問を受けるので、ツイッターで書いた内容を補足しつつブログにまとめました。

 

 

手順は、

  1. 手近なところでイケてる企業を30社見つける
  2. 見つけた30社から優良企業を抽出する
  3. 抽出した企業の共通項を探す
  4. 共通項で条件検索する

という流れです。

作業量はありますが、網羅的に探せるので是非チャレンジしていただきたい内容です。

1. イケてる企業を30社見つけよう

 

誰かが「●●って会社が良いらしいよ」とか、雑誌でオススメされていたとかではなく、あなたが実感を持って良い・イケてると思える企業を探してください。

最先端技術を扱っていたり、世の中をガラっと変えるような企業でなくても構いません。

むしろ実直に堅実に大きくなってきた企業にこそ優良企業は多かったりします。

企業を見つけるコツ

「イケてる」ってどういうことだというと、こういうこと。

 

 

最初に30社といいましたが、その30社を見つけるのが本当に大変です。

イケてると思える企業を30社見つけるには上場企業100社くらい探す必要があります。

10社くらいはすんなり出るかもしれませんが、50社100社と出していくのは骨が折れます。

そこでオススメしている方法がこちら 。

 

 

2. 30社の中から実際に儲かっていて、かつ長期的競争優位を持つ企業を取り出す

イケてる企業や好きだと思える企業の中にも、実際には儲かっていなかったり競争優位が希薄な会社というものはあります。

実際に儲かっていて、長期的に競争優位がある会社だけ取り出します。

 

 

 

 

 

3. 抽出した企業の共通項を探す

 

 

4. 見つかった共通項で条件検索をする

上記までで見つかった共通項をつかって、網羅的に優良企業を探します。

 

  

 

1度やって「ハイ終わり」にしない!

 

 

 

最後に

投資銘柄の探し方についてまとめてきました。

かなり大変な作業量になるので、気合を入れないと完遂出来ないかもしれません。

しかし、それでもやるしかないのがバリュー投資です。

素晴らしい投資家はこうした作業を無意識に繰り返して知見をため、強くなってきています。

3回やれば相当強くなっていると思います。

是非がんばってやってみてくださいね。